あなたは18歳以上ですか?

Akari blast!

学園もの

絡新婦の花園3~僕は生徒をひたすら●す。いつか、彼女とセックスするために~【Akari blast!】

教師【園山萼】と、婚約者で生徒の【植花莉々】が生徒会書記である瑠璃を犯していたところを莉々の1学年先輩の浅黄巴は目撃し、スマホに映像を収めていた。 「脅し…ですか?」 「羨ましくなっちゃった?」 どこか穏やかで淡い恋に似ていたのかもしれない。 美しい絡新婦が、綺麗な花を摘み取ってゆくまでは。
学園もの

絡新婦の花園2~僕は生徒をひたすら●す。いつか、彼女とセックスするために~【Akari blast!】

「私の代わりにして欲しいの、園山せんせいと」 「セックス」 つまらない日常から救われる時が、救ってくれる人が、現れたのだろうか。 その時から瑠璃は園山に犯●れるたび、悦びの表情と嬌声を校内に響かせる。 快楽に溺れる度に感じる救いと、これまで味わったことのない充足感と充実感。 そこには美しい絡新婦が心からの笑顔を浮かべていた。
学園もの

片思いしていた同級生が実は先生と結婚していたのを知って、悔しくてセックス漬けにしてやった【Akari blast!】

ある夏の日、密かに恋心をいただいている同級生、夏咲みなみが彼女が通う学校の教師・結城玄と結婚していることを目撃する。 激しい嫉妬と羨望を感じるが、二人は、在学中は結婚していることを絶対の秘密にしていることも知り、 口止めとしてみなみの豊満な肉体を要求する。
人妻・主婦

年上妻の柔らかな鳥籠~俺が上司の妻と浮気しても掌の上~【 Akari blast!】

部長の家に飲みに誘われ、部長の妻【美穂】に酔って遥のことを相談する拓海に「Hな特訓したくない?」と誘われる。 しかしバレンタインを前に急に関係の終了を告げてくる美穂。 落ち込む拓海に、忙しかったはずの遙が入念に準備したバレンタインのプレゼントと食事を用意してくれる。
人妻・主婦

老舗温泉旅館の若女将は、呆れるほどセックスが好き。【Akari blast!】

人里離れた山奥に佇む、老舗の立派な温泉旅館。 切り盛りするのは美人で器量よしと評判の若女将【青井百合】。 今日も定期的な打ち合わせで、明は旅館へと訪れた。 ただ「打ち合わせ」はそこそこに、二人には周囲に秘密にしている関係がある。 ー月並みだが、そう、不倫関係だ。 今回は、温泉旅館での秘事が終わったら、明は百合を街に呼んでさらに色々なプレイをしようと思っている…。
学園もの

絡新婦の花園~僕は生徒をひたすら●す。いつか、彼女とセックスするために~【Akari blast!】

園山が大好きな莉々 だが園山の手で「私の莉々」が汚されることに、嫉妬に狂う茜。 「だったらお前が莉々の代わりになればいい。そうすれば莉々に手は出さない」 園山は茜にそう告げる。 限りない嫌悪感を持つが、園山と接するうち心地良さも感じている自分がいた。 図書室でふとしたきっかけで園山に犯●れる茜。 「莉々のために」自身に言い聞かせながらも、茜は快楽の嬌声を上げる。 絶頂を迎えた時、傍には笑顔を湛えた莉々がいた。
学園もの

束縛愛1~4・総集編【Akari blast!】

鬱屈した感情の中、とあるトラブルが起こり衝動的に文乃を犯した明彦。 次の日学校を欠席した文乃の自宅で明彦が目にしたのは「やっと来てくれた」と慈愛にも似た表情とともに感謝と切望を囁く文乃の姿だった。 その後も続く文乃と明彦の関係。 その先に見つけた、二人だけの拠り所はー
学園もの

我が家にやってきた傲慢なロシア人お嬢様に催●をかけたら立派な肉便器になりました。 【Akari blast!】

「命令だ! 今、ここで…オレにオナニーを見せるんだッ!!」 「はぁ? アンタ、本気で言ってるの? この私がそんなことをするはずが…んはぁッ!?」 意に反して自らの身体をまさぐり、快楽に耽っていくナターシャ。 催●の力を借りた淫らな復讐が、今始まる!!
学園もの

束縛愛3~放課後、教室で、無防備な優等生を、無理やり●す~【Akari blast!】

赴任した先の進学校で、生徒会長「吉垣文乃」と出会った主人公「中瀬古明彦」。 トラブルが起こり衝動的に文乃を犯した明彦。 欲望の捌け口として文乃を扱う明彦。 その身体で、その声で、その瞳で明彦を執拗に求める文乃。 そんな中、明彦の婚約者、美和が明彦の学校を訪れる。 明彦と文乃のセックスを目の当たりにする美和はー
学園もの

どこにでもある様な君と僕の、どこにもない純愛のカタチ 【Akari blast!】

北条麗華。 裕福な暮らしをいているが、将来は医者になることを期待されているため、堅苦しい生活をしている。 誰からも必要とされていないのではないか、と思うようになっていく毎日のとある日、一人の男性に誘拐され、襲われそうになる。